水虫&爪水虫を撃退しよう

水虫の症状

水虫の症状(画像あり)

白癬菌が関与している水虫の症状は、大きく3つに分類されます。

1.趾間型(しかんがた)
水虫の中で最も多い症状がこのタイプです。非常にかゆくなります。見た目的には、下図のように、足の指と指の間の皮膚がはがれたり、赤く腫れあがり、皮がむけて赤くただれることも多いです。稀に皮がむけるとひび割れを起こすことも。
趾間型水虫画像

2.小水疱型(しょうすいほうがた)
こちらも非常にかゆみが出るタイプです。多くは皮膚の厚い足の裏や側面に水ぶくれができます。
小水疱型水虫画像

3.角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)
隠れ水虫タイプで、かゆみがないのが特徴。下図は症状をわかりやすくお伝えするために、重めの症状の写真ですが、初期段階だと「乾燥による肌荒れかな?」ぐらいのレベルなので、気付かず見過ごす人が多くいるのがコワイところ。皮がボロボロ落ちやすく、家族や身近な人へ感染してしまう可能性があったり、爪水虫を併発する確率も高かったりしますので、注意しなければいけません。
角質増殖型
また、下図のように手に発症することもあります。
手白癬画像

(出典:皮膚真菌.jp

次に、白癬菌が関与していない水虫(皮膚病)の症状としては、

A.接触皮膚炎(かぶれ)

かゆみが出て赤くなったり、ただれや水ぶくれなどの症状が現れます。絨毯や靴下、床や革靴の染料などに触れると炎症を起こします。
接触皮膚炎の画像はこちら

B.汗疱性湿疹
足に起こる皮膚病のなかでも水虫に似ているのがこのタイプです。
足に汗をかきやすい体質の方に多く発症します。皮がむけてかゆくなる、皮膚に水疱ができるなどの症状が現れます。
汗疱性湿疹の画像はこちら

C.皮膚カンジダ症

白癬菌ではなくカンジダというカビの一種が感染して発症する病気です。足の趾の間がジメジメしてふやけた状態になります。
皮膚カンジダ症の画像はこちら

カンジタについての詳細はコチラ

D.掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
膿(うみ)をもったブツブツが急に土踏まずを中心に左右対症に出現し、患部に赤みを帯びることが多い。中高年の人に比較的起こりやすいのが特徴。見た目は、2の小水疱型水虫とよく似ていますがが、感染はせず、水虫ほどかゆみが出ることもありません。
掌蹠膿疱症の画像はこちら

E.細菌の感染

皮膚の表面に生息する常在菌が、趾の間などの湿った場所で増殖し、ただれて悪臭を発します。

このように、ひとくちに水虫といっても、すぐに分かるタイプもあれば、そうでないタイプもありますので、もしアナタが水虫かもしれないと思ったとしても、実際は水虫ではないかもしれませんし、自分で勝手に判断せずに、まずはお医者さんで受診されることをオススメします。

明らかに水虫だったり、お医者さんに水虫と診断された場合で、対処法や治療について知識を深めるのであれば、下記にご案内するページご覧頂ければと思います。

水虫の対処法

LINEで送る
Pocket