水虫&爪水虫を撃退しよう

水虫とニオイ

bad-smell

水虫になると足はクサくなる!?

巷ではまことしやかに水虫になると、足が臭くなるのではないかと噂されていたり、また、それとは逆に、足が臭いのは水虫が原因ではないかと思われている人も多いようですが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

【結論】

水虫菌それ自体は、ニオイを発生させることはありません!
水虫感染した皮膚(角質)に寄生する【細菌】の仕業によってニオイが発生します。

足が臭くなるのは、水虫菌ではなく雑菌が原因です

水虫になってしまって、足のニオイがキツくなったと感じると、原因は水虫だとつい考えてしまいがちですが、実際には水虫になることで、足の皮膚が荒れて傷ついているところに、菌に対する抵抗力が落ちてしまうと、傷ついた皮膚へ雑菌が群がってしまって、それが原因でニオイが発生するというのが、足の臭さのメカニズムです。

最近女性にも多く見られるようになってきまししたが、水虫の中でも最も多いタイプである、趾間(しかん)型水虫(症状が出る典型的な場所は、薬指と小指の間)。

強烈なニオイを出す傾向がありますので、水虫になって足が臭くなったと思われる場合は、この趾間型水虫だと思って間違いないでしょう。

ただ、先ほど述べたように、趾間型水虫になったら足が臭くなったわけではなく、趾間型水虫になって、指と指の間が足が痒くなって掻きむしったりして皮膚が剥がれ落ちたり、傷ついたりしたところに、雑菌が繁殖したことにより発生している悪臭です。

人間の体は、水虫菌のような異物を感じ取ると、自分の体を守ろうと防衛本能が働くようにできていますので、角質層に住みついた水虫菌に対抗して免疫機能が働きます。その免疫機能が働くと、皮膚の内部からリンパ液が出されます。リンパ液と汗は、角質を湿らせ柔らかくするわけですが、角質が柔らかくなると、皮膚の表面に付着していたブドウ球菌などの細菌が皮膚に侵入しやすくなってしまうのです。細菌が、皮膚に侵入すると活性化して、脂肪酸などの腐敗性物質を作ってしまいます。このようにして作られた脂肪酸や腐敗性物質が、悪臭のの正体なのです。
細菌は高温多湿の環境が大好きですが、ブーツや靴を長時間履いていると蒸れますよね?
そうなると、ニオイがいっそう増大し、ブーツや靴を脱いだ時に、一気にその強烈なにおいが拡散される事態になります。

また角質増殖型水虫(角質の厚いかかとや、足の側面に発症する水虫)に感染した場合にも、悪臭が発生する可能性があります。角質増殖型も趾間型水虫と同じで、水虫菌(白癬菌<はくせんきん>)そのものがニオイを発生させているのではなく、ふやけた角質や汗を好む細菌が繁殖してにおいを発生させているのです。その他にも足に汗をかきやすい人も強烈なニオイを発生させることもありますので注意が必要です。

周りの人に迷惑を掛けないための防臭対策

悪臭の直接的な原因が水虫になくても、間接的な原因となっているのは、上記のとおりです。

もし、アナタが足の臭さが気になるのなら、まずは水虫かどうか検査して、水虫だということなら治療しなければいけません。

ただ、水虫を完治させるには、数ヶ月から場合によっては数年を要す場合もあります。

その間、アナタの足の臭さが周りの人に不快感を与えてしまうかもしれません。

自ら水虫であることを暴露したところで、あなたの足の臭さを受け入れてくれたり、理解してくれる確率は高いでしょうか?(いや、NOでしょう。彼らの中で不快感がなくなることはありません)

ですから、人に迷惑を掛けないためにも、人間関係を壊さないためにも、水虫を治療しつつ、足のニオイ対策も同時にしておくのが好ましいと言えます。

水虫のニオイ、細菌繁殖の予防対策は、清潔・乾燥を心がけること!コレに尽きます。

具体的な対策を言いますと、

通気性・吸湿性のよい靴下を履くこと

・素足で靴を履かない

・毎日、同じ靴・ブーツを履かないこと(靴の湿気を逃がす)

・靴・ブーツには消臭インソールを敷くこと

・ストッキングの使用はなるべく避ける(特に夏)

・入浴時は、水虫用の石鹸を使うこと

・入浴後は、指の間をよく洗いよく乾かす

・指の間の蒸れを防ぐため、意識的に指を広げる運動をすること

このように、水虫になった場合、とにかく生活全体を見直さなければなりません。また、水虫の原因となる白癬菌やニオイのもとになる細菌の好む環境を作らないよう、足を清潔&乾燥状態に保つことが大原則だということを肝に銘じておきましょう。

【趾間型水虫についての補足】
趾間型水虫は、主に2つのタイプがあります。

1.乾燥型・・・皮膚が剥がれて、カサカサとする

2.湿潤型・・・ジュクジュクして赤くなり、皮膚がフヤける

乾燥型でも、湿潤型でもどちらにも共通するのは、かゆくなるという点です。
ただ、かゆみの強さは湿潤型のほうが強いのが一般的。

水虫とニオイに関するまとめ

水虫の患部を温床に、強烈なおいを放つ細菌を繁殖させないためには、足を乾燥させてやることが重要です。

とはいっても水虫を完治さない限り細菌はエンドレスで繁殖を続けます。つまり、水虫を温床にする細菌が発生させる強烈なにおいを抑えるいちばんの有効薬は、水虫を完全に完治させること。においの素は角質層で増殖した細菌類とリンパ液や指間の汗が原因ですから、これらをきれいに取り除けば強烈なにおいはある程度改善することができます。

そのためには、

まめに足を洗い乾燥させる、水虫の患部を常に清潔にしておくことが重要です。

入浴時には、で足の指を丁寧に石けんで洗うだけでも、細菌の付着をかなり阻むことができます。石けんを使用して丁寧に水虫の患部を洗うことで、リンパ液や指間の汗も洗い流すと、においも薄らぎます。

また水虫薬の中には細菌の増殖を抑える作用を持っているのものがあります。こうした水虫薬を湿布することで、においの防止の効果も現れます。また足を洗う際の注意事項として、軽石でごしごし削ることは、角質を不必要に痛めるのでさけましょう。

LINEで送る
Pocket