水虫&爪水虫を撃退しよう

秋冬の水虫にご用心!

夏よりも秋冬こそ水虫になりやすい!

現代の水虫が、夏よりも秋冬になりやすい原因は?

夏は高温多湿ですから、当然、水虫の原因となる白癬菌にとって繁殖しやすい好条件が整っている季節です。

ただ、汗を大量にかくので、太っている人や、足の臭いが気になる人や、汗をかきやすい人は、帰るなりすぐに足を洗ったり、シャワーを浴びたりするでしょう。アナタもそうなんじゃないでしょうか?

水虫になっている人だと、なおさら注意しているはずです。

それに昔と違って、今の時代、屋内ではクーラーを使っていますし、その中ではだしで過ごしたり、外出時には素足でサンダルを履いたりしているでしょうから、水虫になりやすい季節ですが、その反面、生活スタイルが、自然と水虫になりにくくさせていることもあって、昔ほど夏場に水虫になりやすいとは必ずしも言えなくなってきています。

だけど秋冬になると、気温も下がり、汗もかきにくくなり、水虫菌にとって繁殖しにくくなるわけですが、現代に生きる私達のライフスタイルはと言いますと、男性は革靴を履いて、女性はブーツにストッキングを履いて、暖房が完備した建物の中で仕事していることが多くなってきています。

そうなると、どういうことが起きるでしょうか?

水虫菌である白癬(はくせん)菌は、高温多湿の環境が大好きなのは、アナタもご存知でしょう。

ブーツや厚手のストッキングを履く秋冬の時期は、夏場と同様にアナタの足は高温多湿状態に見舞われているということです。
ですので、現代では、秋冬の時期に水虫になってしまう人が多くなってきています(特に女性が!)
(もちろん、革靴、ブールを履く男性も油断はできないのは言うまでもありません)

寒くなってきたからといって、注意を怠り、家に帰っても足を洗わず、そのまま靴下やストッキングを履いたままで過ごしたりしていませんか??水虫菌は、夏場だけに活動しているわけではありません。

油断していると、水虫菌がアナタを狙ってきますよ!

オフィスでも、外出中でも休憩時には、時々ブーツを脱いで、足がムレムレないよう適度に外気にさらすことをオススメします。

あと、

特に注意したいのは、寝る時です。

寒くなってくると、裸足で寝ないで、モコモコした靴下を履いたまま(冷え性の人に多い)、寝たりしていませんか?

実は、これもあまり知られていませんが水虫になるリスクを高める行為です。

寝る前に足が冷えていたとしても、就寝中は、ぐっと足の温度はあがりますので、通気性の悪い靴下などを履いていれば、あっという間に、高温多湿な状態になってしまいます。

というように、アナタのライフスタイルによっては、秋冬の方が白癬菌が繁殖しやすい場合もあります。

夏が過ぎれば、水虫とは無縁になるという固定観念は捨て、季節に関係なく、いつ水虫になってもおかしくないという意識を持っておくことが重要です。

秋冬に水虫が治る!?

すでに、水虫になっている場合も、秋冬こそしっかり対策をしておく必要があります。

飲み薬や塗り薬などで水虫治療をしていて、秋冬になって少し症状が和らいだ時に「水虫が治った」と思い込んで治療を止めてしまい、いつまでたっても完治しないという悪循環に陥ってしまうケースが結構あるのです。
また、かかとに水虫ができる場合は普通の乾燥肌と見分けがつきにくいので放置されることもしばしばあります。

水虫について無知な人の中には、「水虫は冬になったら治りますか?」なんて聞く人もいるようですが、水虫が自然治癒することはありませんので、思い違いをしないようにしましょう。

秋冬にこそ水虫対策を徹底しよう

秋冬には、水虫菌が好む高温多湿ではなくなり、繁殖しづらくなるわけですが、菌が死んだわけではなく、角質や爪の中でおとなしくなっているので、症状があまり出なくなることはよくあることです。

それを勘違いして完治したと喜んで途中で治療を辞めると、着実に水虫菌は繁殖を続け、その勢力を拡大させます。
その結果、二次感染や三次感染を引き起こしてしまうことも十分ありえますので、くれぐれも自己判断は避けるべきです。

白癬菌の活動が低調になっている秋冬こそ、水虫治療を継続することを徹底しましょう。

足の角質ケア方法

水虫は指の間だけでなく爪やかかとでも増殖し、ひどい場合は足以外にも移っていきます。

爪に感染すれば、爪水虫

かかとに感染すれば、かかと水虫

水虫は爪やかかとの角質を栄養に増えるため、この角質を取り除くことも有効な水虫対策なのです。
角質ケアは、足の皮膚がやわらかくなるバスタイムに行うのがベストです。

フットバスなどで足をじっくり温めてやるのも良いでしょう。
軽石などでこすって落とすのも良いですが、ゴシゴシ力を入れてこするのはNG。
普通の雑菌やばい菌は、それで滅菌できますが、水虫菌のような真菌の場合は、効果がないどころか、皮膚に傷ができて感染しやすくなるというデメリットしかありませんので、あまりオススメはしませんが、専用のスクラブやフットケア専用のやすりを使った方が良いでしょう。

オススメは、家庭用紫外線治療器 ボディードクター UV2 です。

アルインコ 家庭用紫外線水虫治療器 フットクリアUV MCR9000

アルインコ 家庭用紫外線水虫治療
器 フットクリアUV MCR…

14,800(税込)

拡大画像を見る
アルインコ 家庭用紫外線水虫治療器 フットクリアUV MCR9000アルインコ 家庭用紫外線水虫治療器 フットクリアUV MCR9000をカートに入れる

人知れず、家庭でこっそりと水虫治療ができます。クリームや液体で、ベタベタになることもありません。
水虫かも?!と疑ったりした時や、よくブーツを履く場合は、日々の水虫予防対策にもってこいのグッズです。

また、足裏のカサカサを落とした後の、保湿は欠かすことができません。
新しい角質というのは保湿力も高いのですが、同時にとてもデリケートになっています。
化粧水やクリームを使うことがポイントです。
クリームは普通のものでも十分効果がありますが、尿素を配合しているものを選ぶとより効果が得られます。

特にガサガサになってしまいやすいかかとには、念入りに塗りこむようにしましょう。
足の側面や指の間の乾燥が気になる場合も、しっかりと塗りこんでください。

そしてクリームや化粧水で保湿をした足をラップで軽く覆い、その上から靴下を履きます。
このまま一晩足を休ませることで、保湿効果をより高めることができるのです。

保湿力に優れたクリームに、ベビーフット ディープモイストシアバターといった商品もあります。
http://www.liberta.net/lb/ITEM/02014501

当サイトのいろんなページで、再三再四言っている常識的なことですが、水虫治療というのは、ある程度の期間がかかってしまいます。

水虫は途中で中断してしまうと、症状が悪化して、当初の治療期間をオーバーすることもありますから、適当な治療だけは避けなければいけません。そのため、水虫菌である、白癬菌を治療期間中に増えないように足をきれいに保つことがとても重要です。

最強かもしれない水虫治療法

アナタは知らない治療法ですが、通院の必要もなし、水虫治療薬も必要なし、根性も必要なし

まさに、これまでの水虫治療法の常識を超えた治療法が、ベテラン水虫患者さん中心にこれは効くと広がりを見せています。

いろんな水虫治療をやってきたけど・・・

色んな治療薬を使ってきたけど・・・

管理には至っていないなら、この治療法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

→ 画期的な水虫治療法とは?

LINEで送る
Pocket